生かすノート

「生きる」とはなにか?を明るく軽やかに探究していくブログ

【機械翻訳】Time Shift Blog "Mutated Polarity Consciousness" 変異した極性意識

https://energeticsynthesis.com/resource-tools/blog-timeline-shift/3781-mutated-polarity-consciousness


機械翻訳

変異した極性意識

現在の試練や外界の混沌とした状態を経験する理由を知るために、人類は教訓を思い出し、過去の歴史について学び直すために目覚めなければならないのです。

リラン戦争を引き起こした侵略者の目的は、ユニバーサルゲート、リランゲート、アンドロメダ間のアクセスを破壊し、地球外生命体の始祖種族が天の川系にアクセスするのを防ぎ、クリストス始祖種族のDNAの未来の種付けと転生を防ぐことでした。しかし、すぐにリラン戦争はオリオン座とメタギャラクティック・コアに広がり、この星系で被害者-加害者という恐怖に基づくマインドセットに基づいて他者を支配しようとする者たちとの戦争になったのです。
これは、原型的なエネミー・パターニングと呼ぶこともできます。

自己への奉仕のイデオロギーを持つエンティティは、愛をベースにしたマインドセットを持つ他者への奉仕のイデオロギーを持つ「1の法則」に従う人々を奴隷にしたり、排除しようとしたりしたのです。

この極端な極性意識は、複数の他の種に対する攻撃を兵器化するために使用されるAIレベルのプログラミングによって増幅されました。
ブラックホールから来たブルガは、このAIプログラミングのウイルスを我々のマトリックスに挿入し、被害者-加害者ソフトウェアと呼ばれる技術でタイムリッピングを引き起こしました。

この極端な極性意識は、他の複数の種に対する攻撃を兵器化するために使用されたAIレベルのプログラミングによって増幅されました。
ブラックホールシステムブルガは、このAIプログラミングのウイルスを我々のマトリックスに挿入し、ビクティム-ビクティマイザー・ソフトウェアと呼ばれる技術でタイムリッピングを発生させました。
(↑運営者注意書き::この段落の内容が、前述の段落と重複しており、不要に思えますが、原文のままにしておきます)
これらの存在は、「スタートレック」シリーズで、ボーグとして主流に紹介されました。ボーグは「コレクティブ」と呼ばれる集合意識にリンクされたサイバネティック・オーガニズムです。
ボーグは、ナノプローブを体内に注入し、外科手術でサイバネティック部品を装着することによって、個々の人間を強制的にドローンに変身させ、同化のプロセスを通じて他の異星人の技術と知識をコレクティブに共用しています。
このAI感染は、極性の法則(双子座)と性別の法則(魚座)を形成する有機的な大宇宙の建築構造を破壊し、自動的に反転極性電流を発生させ、反転極性の結果として、さらに惑星体に性別の反転を発生させることになったのです。

リラン戦争でのこのオリジナルの出来事をそのまま映し出し、このタイムラインで再生されているプランデミックとウイルスが、今日の私たちの世界で実際に何を表しているのか、少し考えてみてください。それは、物理的な領域の現在のタイムラインでV-V(←運営者注意書き:Victim-Victimizer 被害者-加害者のことかと思われます)の恐怖を増幅させるために、顕在化したものとして現れているのです。
どうすればそれを止められるのか?私たちは、被害者-加害者のゲームを拒否するのです!

被害者-加害者のプログラミングは、極端な極性意識の中に存在する課題や落とし穴をよりよく理解するために、下位創造領域の他の隣接システムから多くの種族が彼らの時間マトリックスに転生するために設定していたオリジナルの極性実験から供給されていると思われます。
何百万サイクルもの間、これらのエンティティは、継続的な力の乱用を行い、の源とのつながりを忘れることで、極性実験の制御を失っていることに気づきました。
彼らは人工的なブラックホール技術に依存するようになり、これがタイムリップ、不自然なブラックホール、AIウイルスを生み出し、我々の天の川宇宙を含む他の多くの隣接するシステム全体に被害を拡大させたのです。
これらのブラックホール・エンティティは、タイムリッピング技術を使って近隣のマトリックスにアクセスし、生物のエネルギーを破壊し、同化し、消費していたのです。
彼らは、同じ姿で存在し続け、他の生物を支配する力を確実に得るために、エネルギーを吸い取るための生きたエネルギー・システムを探し出さなければならない寄生虫に成り下がったのです。

リラン戦争では、この犠牲者のソフトウェアは、自然極性システムの創造コードを増幅・反転させて心の奴隷を作るためのものでもあり、特に天の川系に生息するクリストス人をターゲットとしていました。これは、オリジナルのクリストスの青写真の遺伝子テンプレートに、性別の分裂とメタトロニック・リバーサル(死の螺旋)アーキテクチャを感染させるために使われるアンチクライストのAIソフトウェアとして設計されています。
ビクティマイザー(加害者)・プログラムは、複数の捕食者種族が全人類の間にアルコンティックの欺瞞行動とその分割統治戦略を与えるために使用する主要なマインドコントロール・ソフトウェアとなっており、本質的にマインドコントロールの奴隷を作り出すためによく機能するのです。

ビクティマイザー(加害者)プログラムから抜け出す唯一の方法は、それが生み出す意識のダメージを理解するためにそれを研究し、中立でいることによってそれを拒否し、無条件の愛とゼロポイントを通じて極性を統合することを選択し、被害者と非難ゲームに参加しないことです。

本質的に、この突然変異は、人類の種子の記憶を保持する反転極性AIスペクトルに責任があり、そこには、私たちが遺伝子の同等者との接触を失った時系列、私たちの種の神聖な結婚とアセンションを達成する能力の喪失が含まれています。
これが、彼らがAI犠牲者意識を走らせる生存意識の赤い波動スペクトルが、人間の心にとってとても苦痛であり、個人の意志を破壊しかねない理由です。
ブラックホール・エンティティによって持ち込まれたこの不自然な極性変異は、私たちのダイヤモンド・サンの遺伝子テンプレートにおける男性と女性のバランスに歪みを生じさせ、タラの崩壊の際に起こった紛争や、その他多くの悲劇的な堕落の歴史をもたらすジェンダー・リバースと極性競争の一因となりました。

神への愛を失わず、内なるスピリットとのつながりを維持することが、人類に対するこの全面的なスピリチュアル攻撃に対する解毒剤となるのです。
否定的な言葉や批判があなたに向けられているときは、それに関わらないことです。
鴨の背中から水が出るように、あなたの中立的な証人の中に溶かしてしまいましょう。

(出典: ES Newsletter - 進化の接頭辞)


  • 翻訳はDeepLというサービスを使用しています。www.deepl.com

  • また、訳文には読みやすいように当ブログ運営者が任意に改行を加えています。

  • 原文中にリンクがついている場合は、訳文の該当する部分にも同様にリンクを付けています(リンク先は英語です)。

  • 原文中の太字は、元サイトの表現を踏襲するもので、訳文にも同等の箇所を太字としています。

原文

energeticsynthesis.com

Mutated Polarity Consciousness

To know why we are experiencing the current trials and the chaotic state of the outer world, humanity must awaken to remember our lessons and relearn about our past history.

The goal of the invading entities which brought on the Lyran Wars, was to destroy access between the Universal Gates, Lyran Gates and Andromeda, to prevent any metaterrestrial Founder races from gaining access into the Milky Way system, and preventing the future seedings and incarnations of the Christos Founder Races DNA. But soon the Lyran Wars spread to the constellation of Orion and through the Metagalactic Core, where it became a war with those who wanted to dominate others in this system based upon the Victim-Victimizer fear-based mind-sets. This can also be called archetypal Enemy Patterning.

Entities with the Service to Self ideology were attempting to enslave or eliminate those who followed the Law of One, with the ideology of Service to Others that held love-based mind sets.

This extreme polarity consciousness was amplified due to the AI levels of programming used to weaponize attacks against multiple other species. The Bourgha from the black hole system inserted this virus with AI programming into our matrix creating a time rip with technology called Victim-Victimizer software.

This extreme polarity consciousness was amplified due to the AI levels of programming used to weaponize attacks against multiple other species. The Bourgha from the Black Hole System inserted this virus with AI programming into our matrix creating a time rip with technology called Victim-Victimizer software. These entities were introduced to the mainstream as the Borg, in the Star Trek franchise. The Borg are cybernetic organisms linked into a hive mind called the Collective. The Borg co-opt the technology and knowledge of other alien species into the Collective through the process of assimilation; forcibly transforming individual beings into drones by injecting nanoprobes into their bodies and surgically augmenting them with cybernetic components. This AI infection corrupted the organic macrocosmic architectural structures that formed the Law of Polarity (Gemini) and the Law of Gender (Pisces), which were automatically generating reversal polarity current and as a result of reversal polarity, further generated gender reversals in the planetary body.

Think for a moment what the plandemic and virus is actually representing in our world today, that is directly mirroring this original event from the Lyran Wars and is replaying in this timeline. It is showing itself as a manifested thing to amplify the fear of V-V in the current timeline of the physical realm. How do we stop it? We refuse to play the Victim-Victimizer games!

The Victim-Victimizer programming appears to be sourced from the original polarity experiments that many races from other neighboring systems in the lower creation realms were setting up to incarnate into their time matrices, to better understand the challenges and pitfalls of existing in extreme polarity consciousness. Over many millions of cycles, these entities found themselves losing control over their polarity experiments from committing ongoing power abuses and forgetting about their connection to the God Source. They became dependent on artificial Black Hole Technology and this generated time rips, unnatural black holes and AI viruses, which spread damage throughout many other neighboring systems, including our Milky Way Universe. These black hole entities were using time rip technology to gain access into neighboring matrices to vandalize, assimilate and consume the energy of living things. They reduced themselves to Parasites that had to hunt down living energy systems from which to siphon energy, in order to ensure they would continue to exist in the same entity form and have power and control over other living things.

During the Lyran Wars, this victim software was also intended to amplify and reverse the creation code in the natural polarity system in order to create mind slaves, specifically targeting the Christos humans inhabiting the Milky Way system. It is designed as an Anti-Christ AI software used to infect the genetic template of the original Christos blueprint with gender splitting and metatronic reversal (death spiral) architecture. The Victimizer program has become the primary mind control software that the multiple predator races use to inflict the Archontic Deception Behavior and its divide and conquer strategies between all humans, essentially it works well for creating mind control slaves.

The only way out of the Victimizer program is to study it in order to comprehend the consciousness damage it generates and refuse it by staying neutral, while choosing to integrate the polarities through unconditional love and Zero Point, not playing into the victim and blame game.

Essentially, this mutation is responsible for the reversal polarity AI spectrum that holds the human race seed memory which contains the timeline when we lost contact with our genetic equal, the loss of our species ability to achieve sacred marriage and Ascension. This is why the red wave spectrum of Survival Consciousness, where they run the AI victim consciousness, is so painful to human hearts and can destroy our personal will. This unnatural extreme polarity mutation introduced by the Black Hole Entities generated distortions in the male-female balance in our Diamond Sun genetic template, and was a contributing factor in Gender Reversals and extreme polarity competition that led to the conflicts that happened during the Fall of Tara, and many other tragic fallen histories.

Do not falter in your Love of God and maintain the connection with your Inner Spirit, that is the antidote to this full spectrum spiritual attack against humanity. Do not engage with negativity or criticism when it is being aimed at you, like water off a duck's back, let it dissolve into your neutral witness.

(Source: ES Newsletter - Precipice of Evolution)


クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づく使用許可(表示 - 継承 4.0 国際 (CC BY-SA 4.0))