生かすノート

「生きる」とはなにか?を明るく軽やかに探究していくブログ

チャレンジに息切れしたときの瞑想(バシャール2006から抜粋)

f:id:cre8ive:20210620180946j:plain

息切れしたり、壁にぶつかった感がしたとには、休憩をする。

ただ、自分に休みをあげる。

そんなことの重要さに気づくような、いいイメージング・瞑想があったので、「バシャール2006」という本から抜粋します。


ツール〈瞑想〉「喜びを与えてくれる "脇道" を進む」とは?

みなさん、イメージしてみてください。

〜〜 引用はじまり 〜〜

あなたは森の中を歩いています。

丘を越え、谷をくだっていきます。

あなたが情熱を感じている目的地は、森の奥深いところにある魔法のお寺です。

そこには素晴らしい財宝があるのです。

ですから、あなたは早くたどり着こうと、
何日も何日もひたすら、ただただ歩きつづけています。




すると、美しい小さな池がありました。
池の横には、美しい小さな石のベンチがあります。



あなたは言います。

「ああ、まったく歩き疲れた。
でも、まだまだ道は遠い。休んでいる時間はない。
こんなところでとまってはいけないんだ。
あの美しい財宝があるお寺に、できるだけ早くたどり着かなければならないんだから。
池のそばでベンチに座って、ひんやりした水に足をつけている時間なんてとてもない」



あなたは池のまわりの道を歩いて、さらに歩きつづけます。
丘を登り、谷を越えていきます。



歩いて、歩いて、歩いて……
あなたは本当に疲れてしまいます。



とうとうあなたは疲れきって、道を這いながら進みます。
膝からも手からも血が出てきます。




けれども、遠くにはお寺が見えます。
日の光を浴びて、キラキラ輝いているお寺が森の中に見えています。



それで、あなたはさらに、ただただ進みつづけます。
いまやあなたの足は疲れきって、まったく進めません。
あなたは今度は腕の力だけで進もうとします。




どんどんどんどんお寺に近づきます。




体を震わせ、血みどろになりながら、とうとうお寺の入り口にたどり着きました。
あなたは残っている力を振り絞って、お寺の扉への道を進んでいきます。



そして、扉を開けて、お寺の中に入ろうとします。
ところが、扉は開きません。



ふと見ると、扉に小さな標識がついていて何か書かれています。



「寺の中に入り、宝を手に入れたい者へ。
扉を開けるには鍵が必要。
池まで戻れ」




あなたは時間をとってベンチに座り、足を冷やせばよかったのです。

そして、足もとにある鍵を見つけて、持っていけばよかったのです。


疲れたなと感じたら、ゆっくり時間をとって、自分を休ませてあげてください。そして、ちょっと脇道にそれるように見えても、そのとき自分に喜びを与えてくれるものなら、安心してね、その道を進んでください。

そうすれば、結局はそれから先の旅に必要なものが、その「脇道」に含まれていることがわかるでしょう。

〜〜 引用終わり 〜〜


ちょこっと個人的な話をしてしまいます。

仕事で、今年の初めくらいから突然働くのがしんどくなってしまいました。
起きるのもつらいし、ひとと話すのも気が乗らず、ミーティング開始前には嫌すぎて泣いて、泣き止んでから参加する、みたいな行動をしていました。

とくに大きな失敗や苦労をしたわけでもないのです。

そこで、有給休暇で2週間休み、好きなことだけして気ままに過ごそうということになりました。休みをくれた上司や組織にはとてもありがたく思いますが、面倒なことを起こしてしまったという思いで、少し落ち込みました。

休みが明けあと、一段登ったような、安堵がありました。 休むことでリフレッシュしたというのも、もちろんあるのですが、休みのあいだにいろいろとゆっくり考えられたことがありました。

自分を大切にするとはどういうことか。
やりたいことや望むこと、幸せと感じることはどんなことなのか。
生まれた意味や、命を使うべき役割はなんなのだろう。

この、おそらくじつは向き合って考えるべきだったことがらに、ゆっくり時間を使うということ。
これをしなさいよ、という意味で、自分自身に時間をつくるために、休まざるを得ない状況にされたのではないかと考えました。

休みは遠回りに見えて、これからの人生に必要な「池の鍵」を手に入れるためだったのだと思いました。

"脇道"も、意味がありました。